生誕200年 記念 創造と発見の喜びに満ちたシューマン
ユベール・スダーン指揮 東京交響楽団/
シューマン:交響曲全集(マーラー版)
昨年リリースした、ブルックナー、交響楽団は第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞で最優秀アルバム賞(日本人演奏部門と最優秀録音賞をダブル受賞に輝くなど、演奏、録音の両面で高い評価を得ましたが、それに続くシューマンの交響曲全集(全4曲)がマーラー版でリリースされます。
 2009年5月から2010年3月にかけ4回にわたりサントリーホールで開催された、シューマン&ブラームス・チクルス‐シューマンの4つの交響曲とブラームスの4つの協奏曲の組み合わせ-をライブ収録したものです。
ユベール・スダーンは、13年間にわたるザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督を経て、2004年に東京交響楽団の音楽監督に就任しましたが、スダーンはハイドンをその出発点と定め、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典作品を東京交響楽団のプログラムの中心に据え、さらには2008年度のシューベルト・チクルス、2009年度のシューマン&ブラームス・チクルスを展開し、楽団の実力を着実に高めてきました。
 マーラー版によるシューマン交響曲全曲演奏は日本では初めての試みですが、マーラー版についてスダーンは「マーラーはシューマン読みの天才です。重要なものを聴こえやすくし、それほど重要でないものを引っ込めたのです。」と語っています。
 マーラーの校訂と、指揮者スダーンの解釈を通して、シューマンの作曲意図が明確に示された、創造と発見の喜びに満ちたシューマン交響曲全集の誕生と言えるでしょう。
 コンサートマスターは1番と3番がニキティン、4番と2番は高木和弘が担当しており、それぞれの持ち味も演奏に反映されています。
 曲順は、作曲された1番、4番、2番、3番の順に配列されています。
シューマン/交響曲全集(マーラー版)
シューマン| 交響曲第1番 変ロ長調 作品38「春」
  交響曲第4番 ニ短調 作品120
  交響曲第2番 ハ長調 作品61
  交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」

ユベール・スダーン指揮/東京交響楽団
販売形態 品番 値段
CD(2枚組) MF21205/6 定価 4,000(税込)
発売日
2010年10月1日
録音
CD-1=第1番:2009年 5月9日、第4番:2010年3月27日
CD-2=第2番:2009年11月7日、第3番:2009年7月13日
サントリーホールでライブ収録  DSD to finest CD
ライナーノーツ
「創造と発見の喜びに満ちたシューマン」奥田佳道
「ユベール・スダーン、ローベルト・シューマンの交響曲を語る」 舩木篤也
 アーティスト情報

■ユベール・スダーン
オランダ・マーストリヒト生まれ。ブザンソン国際指揮者コンクール優勝、カラヤン国際指揮者コンクール第2位、グィード・カンテルリ国際コンクール優勝に輝いている。
メルボルン交響楽団首席客演指揮者、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団、ユトレヒト交響楽団、パルマのトスカニーニ交響楽団、フランス国立ペイ・ドゥ・ラ・ロワール管弦楽団の音楽監督などを歴任。そして13年間にわたるザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督を経て、2004年9月に東京交響楽団の音楽監督に就任、現在に至る。
これまでに、ベルリン・フィル、ミュンヘン・フィル、ロンドン響、ロンドン・フィル、ミラノ・スカラ座歌劇場管、ドレスデン・シュターツカペレ、バンベルク響、ウィーン響、シュトゥットガルト、ハンブルク、フランクフルトの各放送交響楽団など数多くの主要オーケストラと共演し、オペラの分野でもバスティーユ・オペラや、パルマ、カターニァ、パレルモ、トリエステ、ボローニャなど、多くのオペラハウスで精力的に活動している。2004年7月、ザルツブルク市名誉市民およびオーストリア・ザルツブルク州ゴールデン勲章を授与された

■東京交響楽団

1946年創立。音楽監督にユベール・スダーン、桂冠指揮者に秋山和慶、常任指揮者に大友直人、正指揮者に飯森範親、首席客演指揮者にニコラ・ルイゾッティを擁する。活動の特色の一つに邦人作品を含む現代音楽の初演があり、これまでに文部大臣賞、音楽之友社賞、京都音楽賞大賞、毎日芸術賞、モービル音楽賞、サントリー音楽賞など数々の賞を受賞している。新国立劇場においてもオペラ・バレエ公演を毎年担当。新潟市とは準フランチャイズ契約を結び、1999年から定期演奏会や特別演奏会を開催している。2004年からは川崎市のフランチャイズ・オーケストラとして、ミューザ川崎シンフォニーホールで定期演奏会をスタートさせ、活動の場を拡げている。2009年2月、2008年度サントリーホール定期演奏会におけるシューベルト・ツィクルスが「第21回ミュージック・ペンクラブ音楽賞/コンサート・パフォーマンス(日本人アーティスト)部門」を受賞した。

 
ページを閉じてお戻り下さい
Copyright(C) 2010 N&F All Rights Reserved.