ホルンと共に歩んだ50年の集大成
水野信行/讃美(Laudatio)

  このCDには水野信行が、ホルンとともに歩んだ50年間に関わりのあったすべての音楽家、作曲家、そして応援してくれた人々への、感謝と賛美の気持が込められています。
 水野はP.ダムに魅せられ、レコードを何度も聞き返しながら、いつの日か直接指導を受ける日を夢見ていました。そのチャンスは1973年、ザルツブルクの講習会で訪れ、以後40年間、ダムは暖かく水野を見守ってくれています。
 最初の5曲は、恩師ペーター・ダムへのオマージュであると同時に、33年間のドイツの生活で水野の体にしみ込んだ、教会の響きの中から生まれた作品を選んでいます。
 アルバムのタイトルにもなっている1曲目のクロールの「讃美」(Laudatio)はホルン独奏の曲。
次の曲から4曲はオルガンの室住素子との共演で、J.S.バッハとフィンガーはP・ダムも開発の助言をしたピッコロホルンを使用しています。
 フォルスターは、水野がやはり師事したことがあるバウマンバウマンのレコードをきいて、オルガン版に編曲した協奏曲からのアダージョで、宗教的な雰囲気がただよっています。
 クロールの作品がもうひとつ。ミサ・ムータは水野が初めてクロールに出会った作品です。1978年ワイマールのP・ダムの講習会の折に、ナウムブルクの教会でおこなわれたP・ダムとオルガンの演奏に衝撃を受け、その衝撃を自分なりに再現しようと収録したものです。
 最後の2曲、ドープラーとラヴェルは室内楽演奏会でハーピスとの吉野直子と共演した想い出の曲です。2人は、しばしばサイトウ・キネン・オーケストラや水戸室内管弦楽団でいっしょに演奏してきました。
 ドープラの作品はスコットランド民謡のロビン アデアをテーマにしたホルンとハープのための変奏曲で、序奏に続いて2曲目に「ロビン アデア」のテーマ、3曲目から7曲目までがその変奏曲という構成です。最後の「亡き王女のためのパヴァーヌ」は、原曲はピアノで、自身オーケストラにも編曲したラヴェルの代表作で、オーケストラ版ではホルンが大活躍します。

讃美(Laudatio)

@クロール:讃歌(ラウダーツィオ)
AJ.S.バッハ:主よ人の望みの喜びよ 
Bフィンガー:ピッコロ・ホルンとオルガンのためのソナタよりアレグロ
Cフォルスター:ヴァルトホルンとオーケストラのための協奏曲〜アダージョ
Dクロール:ミサ・ムータ(ホルンとオルガンのための5つの小品)作品55
Eドープラ:スコットランドの歌による変奏曲 作品22ホルンとハープのための変奏
Fラヴェル: 亡き王女のためのパヴァーヌ

水野信行:ホルン@、C-F、ピッコロ・ホルンAB
室住素子:オルガンA-D、吉野直子:ハープEF
販売形態 品番 値段
C D
MF27001 定価 2,800円(税込)
発売日
2014年4月1日
録音
@浜離宮朝日ホール 2006年3月6日、A-D 所沢市民文化センター ミューズ アークホール 2013年4月1日,2日、EF 三鷹市芸術文化センター「風のホール」2007年1月23日
録音方式
DSD to finest CD

水野信行/Nobuyuki Mizuno, Horn

長野県立須坂高校在学中よりホルンを始め、1970〜75年ドイツ・デトモルト音楽大学に留学。
1973年ドイツ・ホッホシューレ・コンクール(ホルン部門)第2位入賞。
1983年ロンドン王立音楽院にてアソシエート・ディプロムを取得。
谷中甚作、M.ツィラー、M.ヘルツェル、P.ダム、H.バウマンの諸氏に師事。
1975〜80年ドイツ・アーヘン市立歌劇場管弦楽団首席ホルン奏者、
1980〜2003年迄ほぼ四半世紀にわたり、バンベルク交響楽団首席ホルン奏者を務める。同僚からはもとより、E.ヨッフム、W.ロヴィツキー、H.シュタイン、G.ヴァント、H.ブロムシュテット、V.ノイマン、G.シノポリ、といった著名な指揮者からも厚い信頼を得て過ごした、充実した時期である。
オーケストラ活動以外にも様々な室内楽に参加し、これまで演奏して廻った国は50ヶ国を越す。
日本ではサイトウキネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団で長年にわたりトップ奏者として活躍。
草津夏期国際音楽アカデミー&音楽祭では度々講師を務める。
33年間のドイツ生活を終え、2003年4月に帰国。

現在は、東京音楽大学教授、沖縄県立藝術大学講師、東京藝術大学講師(2004〜07年)として後身の指導にあたっている。

 
ページを閉じてお戻り下さい
Copyright(C) 2012 N&F All Rights Reserved.