“酒席”ピアニスト、田辺秀樹のデビューCD
ピアノ・ソロによるウィーン節の神髄!
ウィーン、わが夢の町/田辺秀樹
ドイツ文学者で、「モーツァルト」(新潮社)や、「モーツァルト16の扉」(小学館)の著書もある田辺秀樹(一橋大学名誉教授)は、知る人ぞ知る“酒席”ピアニスト。
19世紀後半から20世紀初頭にかけてウィーンで愛唱された歌(Wienerlied)。ウィーン文化の精華とも言うべき、カフェやホイリゲ(酒場)に流れる名旋律の数々を、本場ウィーンでも演奏経験が豊富な田辺秀樹が、自ら編曲も行なって演奏しています。
ワインがあればさらにご機嫌! ノスタルジックで美しい旋律をもつウィーンの節の神髄を存分に味わえる、世界にも類を見ないアルバムの登場です。

ウィーン、わが夢の町  Wien, du Stadt meiner Träume

01 ヘルナルスの小さなカフェで 13 ゲーテやシラーじゃないけれど
02 ウィーンへの挨拶 14 ウィーンの辻馬車の歌
03 ワインはいいものだ 15 グリンツィングにまた行きい
04 河下のローバウでは 16 プラーター公園の春
05 服なんぞ売り払ってくれ 17 郊外のジーファリングでは
06 ランナーの調べ 18 私のママはウィーン生まれ
07 俺は生粋のウィーン子 19 ウィーン、わが夢の町
08 音楽とワインがなくなったら 20 ウィーンは夜こそ素晴らしい
09 懐かしの1830年頃 21別れには「セルヴス」を
10 ミヒャエル広場の思い出  
11 神様、天国はいりません Extra Track (encore)
12 神様がお望みでなければ 22 ウィーン、わが夢(と現実!)の町


田辺秀樹(ピアノ)



販売形態 品番 値段
CD MF28501 定価2,800円(税抜)
発売日
2016年12月10日
録音 三鷹市芸術文化センター「風のホール」

“酒席”ピアニストに乾杯! 
人の心を包み込む、なんとも暖かい演奏だ。目を閉じれば、ここはもうウィーンの裏町のカフェ。
ピアノを弾いているのが、数年前まで一橋大学でドイツ文化を講義し、ウィーンをこよなく愛する
田辺秀樹教授だと知れば驚くに違いない。
大原哲夫 ライナーノーツより

 

田辺 秀樹(たなべ・ひでき)
1948年東京生まれ。幼少時よりピアノを習うが、10年ほどでクラシックのピアニストへの道を断念、以後はピアノで好きな曲や歌を弾いて楽しむ。東京大学文学部でドイツ文学を専攻。1978年から80年、ドイツ留学中、オーストリアの保養地、バート・イシュルで素晴らしいサロン・ピアニストの演奏に魅了され、古き良きヨーロッパのサロン・ピアノの継承を志す。2012年まで一橋大学大学院言語社会研究科教授(ドイツ語、音楽文化論担当)。著書に『モーツァルト』(新潮文庫)、『モーツァルト、16の扉』(小学館)他。大学退官後は“酒席”ピアニストとして、ウィーンのカフェなどでの演奏も行っている。

 
ページを閉じてお戻り下さい
Copyright(C) 2010 N&F All Rights Reserved.