CD第2弾! SACDでも発売
宮田 大/チェロ 一會集(いちえしゅう)〜Rencontre〜
 第1弾「宮田 大・ファースト」から3年ぶりのCDである。長年にわたり演奏会で弾き込んできた曲ばかりを、三鷹の芸術文化センター「風のホール」で3日間かけて収録している。
 ベルギー出身でパリ音楽院で学んだピアニストのジュリアン・ジュルネと、ニースで出会い意気投合したこともあり、フランスやベルギーの作品を柱としている。
 冒頭のフランクのソナタは、ヴァイオリン・ソナタとしてイザイに献呈された。もともとはチェロのためにかかれたと言われ、数多くのチェリストが演奏しているが、宮田の演奏はスケールの大きさと細やかさの両面で際立っている。
 ラヴェルの「亡き王女のためのパバーヌ」とフォーレの「エレジー」のあと、特に海外で反響のある黛敏郎のBUNRAKUと、尾高尚忠(1911‐1951)の「夜曲」の2曲の日本の作品を入れている。
 宮田はBUNRAKUを大変気にいっており、10年ほど前から度々演奏している。実際に舞台に何度も足を運び、文楽人形遣い三世、桐竹勘十郎師と知己を得た。ちなみにCDの題字は勘十郎師の直筆の書である。
 「夜曲」は、作曲と指揮でも活躍した尾高尚忠が、倉田高(1913−1945)のために書いた作品。2人は義理の兄弟だが、共に夭逝したのが惜しまれる。倉田高は宮田の師である倉田澄子の父上である
 タイトルの一會は、茶の湯に造詣の深かった幕末の大老井伊直弼が茶の湯の心得を著した『茶湯一会集』から採っている。同じ聴衆と曲目であったとしても同じ演奏は2度とない、といった意味をこのアルバムに込めている。
 使用楽器は、前作同様故齋藤秀雄(1902-1974)の愛器だったテストーレ(1746年製)、齋藤秀雄の直弟子や孫弟子に貸与されてきたチェロの銘器で、この録音が宮田が使用する最後となった。
 京都の妙心寺は臨済宗大本山で、46もの子院=塔頭(たっちゅう)からなる複合寺だが、カヴァーの写真はそのひとつで普段は公開されていない聖澤院で撮影された。
 宮田は昨年、ドイツのクロンベルク・アカデミーを卒業し、演奏活動中心の生活に入った。ソロやオーケストラとの共演が中心だが、小澤征爾から絶大な信頼を寄せられ、サイトウ・キネン・オーケストラと水戸室内管弦楽団にも参加している。
 宮田大のこの3年間の目覚ましい成長ぶりが、このディスクから聴き取っていただけると思う。
宮田 大/ チェロ 一會集(いちえしゅう)〜Rencontre〜
 1) フランク :チェロ・ソナタ イ長調
 2)ラヴェル :亡き王女のためのパヴァーヌ
 3)フォーレ :エレジー Op.24
 4)黛 敏郎 BUNRAKU チェロ独奏のための (1960年)
 5)尾高尚忠 :夜曲 (1942年)
宮田大(チェロ)
ジュリアン・ジュルネ(ピアノ)
販売形態 品番 値段
CD  NF25502 2,800円+税
SACD NF65502 3,500円税
発売日
2014年12月20日
録音
2014年4月22日,23日,25日 三鷹市芸術文化センター「風のホール」
使用チェロ:Paolo Antonio Testore 1746(故 齋藤秀雄 所蔵)
使用ピアノ:STEINWAY & SONS Model D (New York)
題字=文楽人形遣い三世、桐竹勘十郎/カヴァー写真撮影=京都、妙心寺聖澤院
ページを閉じてお戻り下さい
Copyright(C) 2010 N&F All Rights Reserved.