あふれだす! デア・リング東京オーケストラ第3弾!
弦は半円形のクァルテット6組を2列に配置
新録音方式にもトライ!ハイブリッドSACDでは4種の録音方式を収録
デア・リング東京オーケストラ/ベートーヴェン「英雄」

 デア・リング東京オーケストラの第3弾はベートーヴェンの「英雄」です。
 デア・リング東京オーケストラは、N&F社が録音を主な目的に2013年に編成したオーケストラで、従来のオーケストラの常識にとらわれることなく、実験的試みにも挑みながらあらたな響きの創造を目指してなす。
第1弾のブルックナー交響曲第3番「ワグネル」(NF25801/65801)と、続くチャイコフスキーの交響曲第5番(NF25802)では、全員前向きに演奏する配置をとったこともあり、驚きをもって迎えられましたが、第3弾の「英雄」では、新たな試みとして弦は半円形のクァルテット6組を2列に配置しています。

 前2作での全員前向き配置も、今回のクァルテット配置も、オーケストラの常識である指揮者やパートリーダーを中心としたアンサンブルから脱却し、個々の奏者の自発性を尊重し、ホールのサイズに適した至福の響きを生み出そうとする共創の試みです。

 さらに、今回新たな試みとして、複数の録音方式で収録しており、SACD(NF55803)は4種の録音方式を一枚に、いずれも全楽章を収録、CD(NF255803)は、そのうちの新録音方式A(オノ・スコルツェ方式(ステレオ))と、モノラル(録音方式M)の1楽章を収録しています。

←デア・リング東京オーケストラ〜「英雄」の収録風景


本録音の3つの特色
1.弦は半円状の6組のクァルテットを2列に配置。ボウイングは自由
2.木管は一列に並び、一番奏者が隣合わせにならないように配置。
3.金管は1番奏者を外側にし、トランペットとティンバニーは左右にわけて配置

ベートーヴェン|交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」
デア・リング東京オーケストラ/西脇義訓(指揮)
販売形態 品番 値段
CD NF25802 希望価格:2,300円+税
HYBRID SACD NF55803 希望価格:3,800円+税
発売日
2015年1月28日
録音
2014年6月17,18,24,25日 三鷹市芸術文化センター「風のホール」
録音方式
◆録音方式
・A:オノ・スコルツェ方式(ステレオ)
・B-1:ステレオ
・B-2:SFネイチャー・サラウンド
・M:モノラル録音
◆収録内容
CD(1楽章のみ収録)|A+M
HYBRID SACD(全楽章収録)| CD層:A SACD2ch層:B-1+M 
SACDマルチ層:B-2
ライナーノーツ
「何だこれは!」というのが正直な感想である。大原哲夫
 次回録音を一部公開レコーディング



2015年5月22日(金)14時〜16時30分(開場:13:30)
所沢ミューズ アークホール(大ホール)

収録予定曲目=ブラームス:交響曲第2番 トヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

*レコーディングの一部をご覧いただくもので、作品を通してお聴きいただくものではございません。

*全席自由 1,500円(ミューズメンバーズ 1,000円)
*チケット 2月28日発売開始/500名限定  
*ミューズチケットカウンターのみの取り扱い/04-2998-7777

ページを閉じてお戻り下さい
Copyright(C) 2010 N&F All Rights Reserved.