熟成の響き〜究められたブルックナー
ユベール・スダーン指揮/東京交響楽団
ブルックナー:交響曲第7番
第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞でダブル受賞に輝く!
(1) 最優秀アルバム賞(日本人演奏部門)(2)最優秀録音賞
近年の東京交響楽団充実ぶりは、従来にも増して目覚ましいものがあります。第21回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(2008年度)コンサート・パフォーマンス賞(日本人アーティスト)を受賞したのはその表れのひとつであり、音楽誌では日本のオーケストラの最高位選ばれたほどです。
その大きな推進力になっているのが、40年にわたり心血を注いで東京交響 楽団を育て上げた秋山和慶のあとを継いで、音楽監督の任に就いたユベール・スダーン。
ユベール・スダーンは、13年間にわたるザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督を経て、2004年に東京交響楽団の音楽監督に就任しました。
スダーンはハイドンをその出発点と定め、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典作品を東京交響楽団のプログラムの中心に据え、さらには昨年度(2008年)のシューベルト・チクルス、本年度(2009年)のシューマン&ブラームス・チクルスを展開し、楽団の実力を一層高めています。
ブルックナーの交響曲第7番は、2日間にわたり本拠地ミューザ川崎シンフォニーホールでセッションにより録音されましたが、スダーンとともに古典作品で培った緻密な音楽が極めて自然に作りだされており、ホールの響きを知りつくした指揮者とオーケストラによって、深い味わいのある熟成した響きがホール空間いっぱいに満たされました。
 ベルリン・フィルをはじめとする世界の第一級のオーケストラの指揮を数多く経験したスダーン自身が、録音の終了後に「東京交響楽団は今や世界のファースト・クラスのオーケストラに成長した」と確信をもって語りましたが、このCDはそれを裏付ける世界に誇るべき録音の完成といえるでしょう。
ハイブリッドSACDを2001年創立以来推進してきたfine NFレーベルは、SACDのさらなる発展を期して、昨年(2008年)9月にSACDとCDを分離して発売することを宣言し、「神谷郁代のシューベルト」(2008年度ミュージック・ペンクラブ音楽賞)と長岡京室内アンサンブルの「ブリテンとラテン」の2作品をすでに発表しましたが、本作品はその第3作としてSACDとCDを分離して発売しています。
なお、本作品は第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞の(1)最優秀アルバム賞(日本人演奏部門)と(2)最優秀録音賞の両部門でダブル受賞しました。
ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調 (ノヴァーク版)
東京交響楽団/ユベール・スダーン(指揮)
販売形態 品番 値段
SACD(Stereo+5.1 Surround)
CDプレイヤーでの再生不可
NF61202 希望価格:4,000円(税込)
CD (DSD to finest CD)   NF21202 希望価格:3,000円(税込)
発売日
2009年10月1日
録音
2009年3月27日(金)、3月28日(土)ミューザ川崎シンフォニーホール
Special Thanks to MUZA Kawasaki Symphony Hall/This recording is supported by Rohm Music Foundation
 推薦
スダーン&東響 至芸のブルックナー
おそらくこれは、わが国のオーケストラが録音した、最も緻密で、スコアの隅々まで神経を行き届かせた演奏によるブルックナーの「第7交響曲」であろう。(東条碩夫)
スダーン率いる東京交響楽団は、我が国のオーケストラ界では本当に稀な、様式美を備えたオーケストラに成長、両者が作品のより良き再現に向けて邁進した感動的な演奏は、思わず聴き手の襟を正させるほどである。(諸石幸生)
 アーティスト情報
■ユベール・スダーン
オランダ・マーストリヒト生まれ。ブザンソン国際指揮者コンクール優勝、カラヤン国際指揮者コンクール第2位、グィード・カンテルリ国際コンクール優勝に輝いている。
メルボルン交響楽団首席客演指揮者、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団、ユトレヒト交響楽団、パルマのトスカニーニ交響楽団、フランス国立ペイ・ドゥ・ラ・ロワール管弦楽団の音楽監督などを歴任。そして13年間にわたるザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督を経て、2004年9月に東京交響楽団の音楽監督に就任、現在に至る。
これまでに、ベルリン・フィル、ミュンヘン・フィル、ロンドン響、ロンドン・フィル、ミラノ・スカラ座歌劇場管、ドレスデン・シュターツカペレ、バンベルク響、ウィーン響、シュトゥットガルト、ハンブルク、フランクフルトの各放送交響楽団など数多くの主要オーケストラと共演し、オペラの分野でもバスティーユ・オペラや、パルマ、カターニァ、パレルモ、トリエステ、ボローニャなど、多くのオペラハウスで精力的に活動している。2004年7月、ザルツブルク市名誉市民およびオーストリア・ザルツブルク州ゴールデン勲章を授与された。
■東京交響楽団
1946年創立。音楽監督にユベール・スダーン、桂冠指揮者に秋山和慶、常任指揮者に大友直人、正指揮者に飯森範親、首席客演指揮者にニコラ・ルイゾッティを擁する。活動の特色の一つに邦人作品を含む現代音楽の初演があり、これまでに文部大臣賞、音楽之友社賞、京都音楽賞大賞、毎日芸術賞、モービル音楽賞、サントリー音楽賞など数々の賞を受賞している。新国立劇場においてもオペラ・バレエ公演を毎年担当。新潟市とは準フランチャイズ契約を結び、1999年から定期演奏会や特別演奏会を開催している。2004年からは川崎市のフランチャイズ・オーケストラとして、ミューザ川崎シンフォニーホールで定期演奏会をスタートさせ、活動の場を拡げている。2009年2月、2008年度サントリーホール定期演奏会におけるシューベルト・ツィクルスが「第21回ミュージック・ペンクラブ音楽賞/コンサート・パフォーマンス(日本人アーティスト)部門」を受賞した。
 
ページを閉じてお戻り下さい
Copyright(C) 2010 N&F All Rights Reserved.