↓弊社サイト内検索が可能です。ご利用下さい

弊社プロデューサー 西脇 義訓 HPを開設しました。下記にてご覧いただけましたら幸いです。
https://finenf.jimdo.com/
デア・リング東京オーケストラ初のモーツァルト
ジョセフ・リンと共演
(2017/1/12)

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219「トルコ風」、
交響曲第29番イ長調 K.201/デア・リング東京オーケストラ

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219「トルコ風」
ジョセフ・リン ヴァイオリン&指揮(カデンツァ:ジョセフ・リン)

モーツァルト:交響曲第29番イ長調 K.201
西脇義訓 指揮


デア・リング東京オーケストラ|Der Ring Tokyo Orchestra


 2013年に創設されたデア・リング東京オーケストラは、これまでブルックナー、チャイコフスキー、ベートーヴェン、メンデルスゾーンと大曲のリリースが続きましたが、いよいよ待望のモーツァルトの登場です。
 今回初めて協奏曲を取り上げ、ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K 「トルコ風」を、名門ジュリアード弦楽四重奏団の第1ヴァイオリン奏者をつとめるジョセフ・リンと共演し、ジョセフ・リンがソリストと指揮者を兼ねて演奏し、カデンツァも自身の作曲によるものです。
 交響曲第29番は、従来のように西脇が指揮しています。  収録は、響の良さで定評のある府中の森芸術劇場「ウィーンホール」での収録です。
  ディスクの形態 品番 希望価格
CD NF25806
オープン・プライス 2800円(税抜)
“酒席”ピアニスト、田辺秀樹のデビューCD
ピアノ・ソロによるウィーン節の神髄!
(2017/1/12)

ウィーン、わが夢の町/田辺秀樹

01 ヘルナルスの小さなカフェで
02 ウィーンへの挨拶
03 ワインはいいものだ
04 河下のローバウでは
05 服なんぞ売り払ってくれ
06 ランナーの調べ
07 俺は生粋のウィーン子
08 音楽とワインがなくなったら
09 懐かしの1830年頃
10 ミヒャエル広場の思い出
11 神様、天国はいりません
12 神様がお望みでなければ
13 ゲーテやシラーじゃないけれど
14 ウィーンの辻馬車の歌
15 グリンツィングにまた行きい
16 プラーター公園の春
17 郊外のジーファリングでは
18 私のママはウィーン生まれ
19 ウィーン、わが夢の町
20 ウィーンは夜こそ素晴らしい
21別れには「セルヴス」を
Extra Track (encore)
22 ウィーン、わが夢(と現実!)の町


田辺秀樹(ピアノ)


ドイツ文学者で、「モーツァルト」(新潮社)や、「モーツァルト16の扉」(小学館)の著書もある田辺秀樹(一橋大学名誉教授)は、知る人ぞ知る“酒席”ピアニスト。 19世紀後半から20世紀初頭にかけてウィーンで愛唱された歌(Wienerlied)。ウィーン文化の精華とも言うべき、カフェやホイリゲ(酒場)に流れる名旋律の数々を、本場ウィーンでも演奏経験が豊富な田辺秀樹が、自ら編曲も行なって演奏しています。
  ディスクの形態 品番 希望価格
CD MF28501
2,800円+税
サントリーホール30周年記念特別公演ライヴ
《マタイ受難曲》に新風!
(2017/1/12)

バッハ:マタイ受難曲/樋口ヘ一指揮 明治学院バッハ・アカデミー

バッハ:マタイ受難曲(後期稿1736年)


樋口ヘ一指揮
明治学院バッハ・アカデミー合唱団・合奏団
福音史家、テノール:ジョン・エルウィス
イエス、バリトン:河野克典
ソプラノ:光野孝子
メゾソプラノ:永島陽子
バス:?田悠平
明治学院高等学校ハイグリー部


樋口ヘ一指揮明治学院バッハ・アカデミーによる《マタイ受難曲》2度目のライヴ録音。バッハ没後250年にあたる2000年に芸術監督樋口ヘ一を中心に創設されました。
明治学院バッハ・アカデミーは、研究と実践(演奏)をモットーに掲げています。 2002年に演奏された初期稿(1727/1729)での日本初演のCDは、初期稿盤としては世界初のCD化として話題を呼びました。その後2008年と2016年に、後期稿 (1736年)による《マタイ受難曲》の再演が行われましたが、このCDは2016年3月20日のサントリーホール30周年記念特別公演でのライヴ盤(3枚組)です。
  ディスクの形態 品番 希望価格
CD(DSD to finest CD MF22312/14(3CD) 4,000円+税
水野 均のバッハ第3弾
星がきらめくクリスマスのオルガン音楽
(2017/1/12)

バッハ at クリスマス−軽井沢のオーベルタン・オルガン−/水野 均

01 ピエス・ドルグ BWV572
02 マニフィカト「わが魂は主をあがめ」によるフーガ BWV733
03-06 パストレッラ ヘ長調 BWV590
07-09 いざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV659, 660, 661
10 神のひとり子なる主キリスト BWV601
11 イエス・キリストよ、賛美をうけたまえ BWV604
12 かくも喜びに満てる日 BWV605
13 甘き喜びのうちに BWV608
14 高き天よりわれは来たれり BWV606
15 暁の星のいと美しきかな BWV739
16-17 前奏曲とフーガ ハ長調 BWV547
<Encore>18 甘き喜びのうちに BWV751 Anh. III 172


水野 均(オルガン)


カザルスホールのオルガニスト・イン・レジデンスとして活躍した水野均の3枚目のCD。今回は、軽井沢で個人が所有する音楽堂のオルガンを選び、教会でクリスマス前後に演奏されるバッハの作品を集めました。
静かな期待がふくらむアドヴェントからきらきらと星が輝くクリスマスへと、喜びに満ちた美しい作品の数々が豊かな表現力で演奏されています。
  ディスクの形態 品番 希望価格
CD MF22203
2,500円+税
さらなる進化! 
ボサノバの創始者ジョビンの「ルイーザ」、
映画音楽の名匠ロータの作品を含む意欲作!
(2016/9/27)

須田祥子/ビオラは歌う2〜星は光りぬ/ルイーザ

1)プッチーニ:私のお父さん〜歌劇「ジャンニ・スキッキ」
2)プッチーニ:星は光りぬ〜歌劇「トスカ」
3)ジョビン:ルイーザ
4)ロータ:インテルメッツォ
5)シューマン:おとぎの絵本 作品113
6)ヒンデミット:ヴィオラ・ソナタ(1939)
7)シューマン:ミルテよりハスの花


須田祥子(ヴィオラ)、松本 望(ピアノ)


報道ステーションの生中継で、「星は光りぬ」を演奏した須田祥子注目の第2弾です。 ヴィオラを歌わせたら日本屈指の実力を持ち、多種で色彩感ある音色を持つ稀有なヴィオリスト 須田祥子、今回も「うた」ライブをテーマに掲げる一方で、ヒンデミットのソナタを収録しています。 ヒンデミットのあとは、アンコールとしてシューマンの歌曲集ミルテよりハスの花を収録しています。 2度のレコーディングを経てさらに進化した、須田祥子の今をお聴きください。
  ディスクの形態 品番 希望価格
CD MF25902
2,800円+税
中島晴美(Gt)満を持しての初CD 
バッハのシャコンヌへの万感の思いを込めて!
(2016/3/4)

中島晴美/Chaccone to Chant Song

(1)佐藤弘和/MIYABI(to Harumi Nakajima)
(2)J.S.バッハ/シャコンヌ〜無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より(arr. Harumi Nakajima)
(3)ピエール・ルリッシュ/ジャンゴのための序奏とセレナーデ
(4)レオ・ブローウエル/黒いデカメロン
   T. 戦士の竪琴 U. こだまの谷をぬける恋人たちの逃走 
   V. 恋する乙女のバラード
(5)二橋潤一/湿原幻想組曲
   T. 夜明け U. 川面の情景 V. 風は湿原を渡る
   W. 夕べの歌 X. 丹頂鶴は夕焼けに舞う Y.湿原に星は降る
(6)ローランド・ディアンス/シャンソン
   ローランド・ディアンス(à Harui Nakajima)


中島晴美(ギター)、末高明美(ピアノ)(6)


ギター界で重要な役を担ってきた中島晴美の満を持しての初CD録音です。
はじめて音楽に心を動かされたというバッハのシャコンヌをプログラムの核に、このCDのために書き下ろされた佐藤弘和の「MIYABI」を冒頭に、ローランド・ディアンスから献呈された「シャンソン」(2013年)を締めくくりとして置いています。

  のおっとりした、しかも誰にも負けない意欲を秘めた“デビュー盤”は大切にしたい“大人の芸術”である。(ライナーノーツ 濱田滋郎)
DSD to finest CD   ディスクの形態 品番 希望価格
CD MF28301
2,800円+税
デア・リング東京オーケストラの第4弾!
独自の響きを創出〜日本の風景が目前に浮かぶよう!
(2016/3/4)

デア・リング東京オーケストラ/メンデルスゾーン「スコットランド」
ボーナスCDつき

メンデルスゾーン
交響曲第3番 イ短調 作品56 「スコットランド


デア・リング東京オーケストラ
西脇義訓(指揮)


デア・リング東京オーケストラ第4弾の「スコットランド」でも今までにない配置で収録していますが、その目指すところは個々の奏者の自発性を尊重し、ホールのサイズに即した至福の響きを生み出そうとする共創の試みです。
そして録音でもいろいろな方式を試行していますが、今回は2種のワンポイント録音(ステレオ録音&モノラル録音)をボーナスCDに収録しています。

  西脇はバイロイト祝祭劇場で聴いた響きが、音作りの原点にあると繰り返し述べているが、彼は独自の理論のもと、自らが新しい響きを作り出していた。 スコットランド」の出だしの音を聴いてみるがいい。山中に流れる清らかな水のせせらぎ、竹林を渡る風がそよぐ、そんな風景が目前に浮かぶような音だ。この曲は「スコットランド」ではあるが、 極めて独自の日本の音である。(ライナーノーツより 大原哲夫)
  ディスクの形態 品番 希望価格
CD NF25804
2,300円+税
驚愕のヴィルトゥオジティで贈るピアノの未来学
(2016/1/28)

碓井俊樹/プログレッシブ・ピアノ・ボックス

(1)ピンク・フロイド:クレイジー・ダイアモンド(1975)
(2)坂本龍一:ブリッジ(1995)
EXTRA TRACK
(3)ゴブリン:サスペリア(1977)


碓井俊樹(ピアノ)/使用ピアノ:STEINWAY & SONS

 2011年4月以来、日本国内外の音楽祭で熱狂的な反響を博す碓井俊樹の『プログレッシブ・ピアノ・ボックス』が遂にCD化。
ピンク・フロイドと坂本龍一の大作に見せる、碓井の驚異的なテクニックと澄み切った音色を、高品位録音で余すところなく捉えた自信作である。
 今回、音響美の理想を求めて仙台市の木のホール「けやきホール」を収録に使用、息をのむ残響の中に前人未到の音楽世界が広がっている。

 

〜打鍵といずれ消えゆく響きを丹念に追いながら、これ迄聴いたことのないような結晶化した世界を描き出す手腕は驚くべきものである〜
(紺野等・音楽評論家)

  ディスクの形態 品番 希望価格
CD(デジパック) NF28401
2,500円+税
本社移転のお知らせ
(2015/9/28)

2015年10月1日より、旧勤期と併せ約半世紀にわたり
馴れ親しんだ港区「六本木」の地を去り
中央区「銀座」に弊社本社移転いたします。
郵送、宅配品など10月以降のご送付は、 下記新住所宛てご変更をお願いいたします。

新本社住所:
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F
有限会社 エヌ・アンド・エフ

*メールアドレス、西脇・福井両名の電話番号、横浜マスタリング・ラボ住所等には変更はありません

今後とも、引き続き、旧倍のお引き立ていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
デア・リング東京オーケストラ公開レコーディングのおしらせ
(2015/3/26)

2013年に創設された、録音を中心とした「デア・リング東京オーケストラ」の公開レコーディングがございます。

従来のオーケストラの常識に捉われない新しい楽器配置やレコーディングの様子などをご覧にいただけます。(第一弾のブルックナー交響曲第3番「ワグネル」は全員前向きの配置で驚きと評価をもって迎えられました)

有料になりますがこの機会に是非一度足をお運びいただけたら幸いです


収録予定曲:
ブラームス:交響曲第2番
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
*レコーディングの一部をご覧いただくもので、作品を通してお聞きいただくものではございません。
あらかじめご了承ください。


2015年5月22日(金) 14:00〜16:30(開場:13:30)
場所:所沢ミューズ アークホール(大ホール)

全席自由:1,500円(ミューズメンバーズ 1,000円 *ミューズチケットカウンターのみのお取り扱い)

ミューズチケットカウンター/04-2998-7777
ぴあ/0570-02-9999(Pコード:255-568)
ローソンチケット/0570-000--407(Lコード:38176)


詳細はこちらのPDFをご覧ください。

長岡京室内アンサンブル、新たな境地へ!
クァルテット配置で演奏!
(2015/2/16)

長岡京室内アンサンブル/
モーツァルト:ローディ、カッサシオン、セレナータ・ノットゥルナ

モーツァルト
・弦楽四重奏曲第1番 ト長調 「ローディ」K.80(弦楽合奏版)
・カッサシオン ト長調 K.63
・セレナード第6番 ニ長調「セレナータ・ノットゥルナ」K.239

長岡京室内アンサンブル(音楽監督:森悠子 )

収録は長岡京室内アンサンブルの発生の地であり、本拠地ともいえる長岡京記念文化会館で2014年の2月におこなわれた公演と、前日に行われた録音セッションから制作しています。半円形3つのクァルテットにソリスト群を加えた新たな配置を取り入れており音色と響きにも一層の深化が聴き取れます。

  「今回のように、心からモーツァルトに寄り添えると感じることのできる
演奏に巡り会えるのは稀なことである」中村 孝義(ライナーノーツより)
  ディスクの形態 品番 希望価格
ハイブリッドSACD NF60107
¥3,800+税
あふれだす! 
デア・リング東京オーケストラの第3弾は「英雄」
(2015/1/25)

デア・リング東京オーケストラ/ベートーヴェン「英雄」

ベートーヴェン
交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」

デア・リング東京オーケストラ/西脇義訓(指揮)

 第1弾のブルックナー交響曲第3番「ワグネル」(NF25801/65801)と、続くチャイコフスキーの交響曲第5番(NF25802)では、全員前向きに演奏する配置をとったこともあり、驚きをもって迎えられましたが、第3弾の「英雄」では、新たな試みとして弦は半円形のクァルテット6組を2列に配置しています。
 前2作での全員前向き配置も、今回のクァルテット配置も、オーケストラの常識である指揮者やパートリーダーを中心としたアンサンブルから脱却し、個々の奏者の自発性を尊重し、ホールのサイズに適した至福の響きを生み出そうとする共創の試みです。


  ディスクの形態 品番 希望価格(税別)
CD NF25803
¥2,300
SACD NF55803
¥3,800

次回録音を一部公開レコーディング! チケット(2月28日発売開始)500名限定
2015年5月22日(金)14時〜16時30分(開場:13:30)/所沢ミューズ アークホール
収録予定曲目=ブラームス:交響曲第2番 トヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
*レコーディングの一部をご覧いただくもので、作品を通してお聴きいただくものではございません
全席自由 1,500円 (ミューズメンバーズ 1,000円)
  ミューズチケットカウンターのみの取り扱い 04-2998-7777
CD第2弾 SACDでも発売
(2014/12/09)

宮田 大/チェロ 一會集(いちえしゅう)〜Rencontre〜

1)フランク|チェロ・ソナタ イ長調
2)ラヴェル|亡き王女のためのパヴァーヌ
3)フォーレ|エレジー Op.24
4)黛 敏郎|BUNRAKU チェロ独奏のための (1960年)
5)尾高尚忠|夜曲 (1942年)

宮田大(チェロ)/ジュリアン・ジュルネ(ピアノ)

 タイトルの一會は、茶の湯に造詣の深かった幕末の大老井伊直弼が茶の湯の心得を著した『茶湯一会集』から採っている。同じ聴衆と曲目であったとしても同じ演奏は2度とない、といった意味をこのアルバムに込めている。
 宮田は昨年、ドイツのクロンベルク・アカデミーを卒業し、演奏活動中心の生活に入った。ソロやオーケストラとの共演が中心だが、小澤征爾から絶大な信頼を寄せられ、サイトウ・キネン・オーケストラと水戸室内管弦楽団にも参加している。
 宮田大のこの3年間の目覚ましい成長ぶりが、このディスクから聴き取っていただけると思う。この3年ぶりに発売された2ndアルバムでは長年にわたり演奏会で弾き込んできた曲ばかりを収録している。


  ディスクの形態 品番 定価(税別)
CD NF25502
¥2,800
SACD NF65502
¥3,500
宮田 大のコンサート情報及び公式サイトはこちらからご覧ください.
http://www.daimiyata.com/
こぼれるれるようなロマンとドラマティックな抒情
樋口紀美子CD第2弾 〜ノアンの思い出
(2014/10/23)

樋口紀美子/ショパン:ソナタ第3番、3つのマズルカOp.59他
〜ノアンの思い出

ショパン(1810-1849)|
・ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58
・ノクターン第15番 へ短調 作品55の1
・子守歌 変ニ長調 作品57
・スケルツォ第4番 ホ長調 作品54
・3つのマズルカ 作品59


樋口紀美子 (ピアノ)

 ドビュッシーの12のエチュードにつづく樋口紀美子2年ぶりのCDリリースはショパン作品集。樋口のレパートリーはバロックから現代まで幅広いが、中核となるのはJ.S.バッハ、ショパン、シューマン、リスト、ドビュッシーといった、ピアノ作品の枢軸である。
 樋口は大好きなショパンを折にふれ演奏会で取りあげてきた。このCDの核とも言えるソナタ第3番は、ドイツ、日本の双方でデビュー・リサイタルでも演奏している。そして40年以上の絶え間ないショパンへの熱い思いが、このアルバムの端々からにじみ出ている。
 今回も響きの良さで定評のある浜離宮朝日ホールで収録した。樋口はリサイタルもここで経験しており、慣れ親しんだピアノとホールが一体となった、極上の響きがこの録音でも堪能できる。


ライナーノーツ:真嶋 雄大
  ディスクの形態 品番 定価(税別)
CD MF25702
¥2,800
あふれ出す! デア・リング東京オーケストラ第2弾!
(2014/5/23)

デア・リング東京オーケストラ/チャイコフスキー・交響曲第5番

☆チャイコフスキーのSACD盤は2014年10月発売予定
チャイコフスキー|交響曲第5番

デア・リング東京オーケストラ/西脇義訓(指揮)

前作のブルックナーの交響曲第3番で、前代未聞の配置でデビューしたデア・リング東京オーケストラの第2弾です。

第2弾では、
@弦はクァルテット6組分で編成。
A指揮者を中心とした半円形ではなく、全員客席に向いて演奏。
B並行して録音したブルックナーの交響曲第3番では、バイロイト祝祭劇場のオケピットの楽器配列を参考に、第1ヴァイオリンを右翼に配置したが、本録音では、奏者は席を移動することなく、第1と第2ヴァイオリンの役割を逆(第1ヴァイオリンは左翼)に。と今回も工夫をこらして録音しています。


ライナーノーツ特別寄稿:圧政が開花させたウクライナの音楽/小林和男
  ディスクの形態 品番 希望価格(税別)
CD NF25802
2,300円
須田祥子ファースト・アルバム。
槇原敬之の「ビオラは歌う」を収録
(2014/4/14)
須田祥子/ビオラは歌う
ブラームス、プッチーニ、ヒンデミット、ピアソラなど、多彩な曲目

ブラームス|@歌の調べのように 作品105-1 Aわが恋は緑 作品63-5 B5月の夜 作品43-2
プッチーニ|C冷たき手を〜歌劇「ラ・ボエーム」 D歌に生き、恋に生き〜歌劇「トスカ」 E誰も寝てはならぬ〜歌劇「トゥーランドット」
ヒンデミット|Fヴィオラ・ソナタ 作品11-4
ミヨー|Gヴィオラ・ソナタ 第1番〜アントレ
ピアソラ|2つの小品〜H夜 Iタングアーノ
槇原敬之|Jビオラは歌う


須田祥子(ヴィオラ)
松本 望(ピアノ)

 須田祥子はヴィオラを歌わせたら日本屈指の実力を持ち、多種で色彩感ある音色を持つ稀有なヴィオリストです。そのヴィオラの特色を余すところなく生かすべく、このCDはひとつのコンサートのように多彩な内容で構成されています。
 作曲家の生まれた順に配置し、出身国もヴァラエティに富んでおり、ブラームスの歌曲からスタートし、プッチーニのオペラ・アリア、ミヨー、ピアソラへとつづきます。
 アルバムの最後には美しいメロディーと、優しいメッセージで日本を代表するシンガーソングライター、槇原敬之「ビオラの歌」が収録されています。NHKテレビ「みんなのうた」で歌われた作品で『人は他の人を支え、輝かせて、誰かの為になれる事が、とっても幸せなことだ』というメッセージを歌い上げた須田の人生とも重なる曲です(このCDではヴィオラとピアノで演奏されています)。

    ディスクの形態 品番 定価(税込)
CD MF25901
2,800円
ホルンと共に歩んだ50年の集大成
(2014/4/7)

水野信行/讃美(Laudatio)

@クロール:讃歌(ラウダーツィオ)
AJ.S.バッハ:主よ人の望みの喜びよ 
Bフィンガー:ピッコロ・ホルンとオルガンのためのソナタよりアレグロ
Cフォルスター:ヴァルトホルンとオーケストラのための協奏曲〜アダージョ
Dクロール:ミサ・ムータ(ホルンとオルガンのための5つの小品)作品55
Eドープラ:スコットランドの歌による変奏曲 作品22ホルンとハープのための変奏
Fラヴェル: 亡き王女のためのパヴァーヌ


水野信行:ホルン@、C-F、ピッコロ・ホルンAB
室住素子:オルガンA-D、吉野直子:ハープEF

 このCDには水野信行が、ホルンとともに歩んだ50年間に関わりのあったすべての音楽家、作曲家、そして応援してくれた人々への、感謝と賛美の気持が込められています。
 水野はP.ダムに魅せられ、レコードを何度も聞き返しながら、いつの日か直接指導を受ける日を夢見ていました。そのチャンスは1973年、ザルツブルクの講習会で訪れ、以後40年間、ダムは暖かく水野を見守ってくれています。
 最初の5曲は、恩師ペーター・ダムへのオマージュであると同時に、33年間のドイツの生活で水野の体にしみ込んだ、教会の響きの中から生まれた作品を選んでいます。

    ディスクの形態 品番 定価(税込)
CD MF27001
2,800円
2013年11月新譜でCDリリースした、
デア・リング東京オーケストラの第一弾、ブルックナーの
交響曲第3番「ワグネル」のSACD盤(2ch & 5.1Surround)を
リリース
(2014/4/7)

デア・リング東京オーケストラ/
ブルックナー・交響曲第3番 ニ短調 「ワグネル」(1890年改訂版)

☆第2弾=チャイコフスキー:交響曲第5番 2014年4月25日発売予定 CDとSACD
ブルックナー|交響曲第3番 ニ短調 「ワグネル」(1890年改訂版)

デア・リング東京オーケストラ/西脇義訓(指揮)

高品位録音とガラスCD(Extreme HARD GLASS CD)の開発で高い評価を得ているN&Fが、録音を主体とした「デア・リング東京オーケストラ」を創設しました。
従来のオーケストラの常識にとらわれることなく、実験的試みにも挑みながら、あらたな響きの創造を目指していきます。
 第1弾は、ブルックナーが終世敬愛したワーグーに献呈した交響曲第3番です。ワーグナーの聖地、バイロイト祝祭劇場の至福の響きを理想として、オーケストラ配置にも工夫をこらして録音しています。


このような形でフルオーケストラを配置した人を私は知らない。
その響きは左右ではなく、むしろ上下に広がり、ホールに満ちあふれた。
大原哲夫(ライナーノーツより)

レコード芸術準特選盤

ディスクの形態 品番 希望価格(税別)
CD NF25801
2,500円
SACD NF65801
3,000円
ドビュッシー生誕150年記念
(2012/11/11)

樋口紀美子/12のエチュード

満を持して録音!浜離宮朝日ホールで収録、発売記念コンサートも

第1集
I. 五本の指のための--チェルニー氏による/II. 三度のための/III. 四度のための/IV. 六度のための/V. オクターヴのための/VI. 八本の指のための
第2集
VII. 半音階のための/VIII. 装飾音のための/IX. 反復音のための/X. 対比させられる響きのための/XI. 組み合わされたアルペッジョのための/XII. 和音のための


樋口紀美子(ピアノ)

ドイツを中心に活躍してきたピアニストの樋口紀美子のレパートリー、ドビュッシーの最晩年の傑作「12のエチュード」、満を持しての録音です。
ピアノ音楽の集大成ともいえるこの曲集は、「音程へのこだわり」と「響きの追求」という彼の本質が12の曲に凝縮されています。単なる技術の鍛練の水準をはるかに超えた、高度な芸術性を演奏者に要求しており、演奏者は大いなる覚悟と集中力を求められます。
録音会場は響きの良さで定評のある浜離宮朝日ホールを選び、事前リハーサルも同ホールで行うなど、万全の態勢で録音に臨み、至高の境地を記したCDがここに誕生しました。

    ディスクの形態 品番 定価(税込)
CD MF25701
2,800円
林 光追悼「裸の島」&〈創意の試み〉溢れる「四季」
(2012/4/25)

長岡京室内アンサンブル/林 光「裸の島」&ヴィヴァルディ「四季」

林光|3つの映画音楽
@裸の島のテーマ〜「裸の島」より A下克上の歌 〜「真田風雲録」より Bラストシーン・新子の死〜「秋津温泉」より
ヴィヴァルディ|協奏曲集「和声と創意への試み」作品8より『四季』


長岡京室内アンサンブル 音楽監督:森 悠子

「裸の島」に寄せる思い
私が留学した1970年代初頭のパリでは、日本映画が盛んに上映されており、10年遅れで初めてパリで見た「裸の島」に涙しました。
台詞がひと言もなく、瀬戸内海のやせた孤島を開墾する夫婦と2人の子供たちの物語ですが、背景のメロディが映像と共に心に深く焼きつきました。いつの日か、弦楽合奏で演奏したいとの強い思いがありましたが、時を経て、林光先生自らの編曲で叶いました。  ーー森 悠子

    ディスクの形態 品番 定価(税込)
CD MF20106
3,000円
ドビュッシー、ラベル、三上直子、ギャヌーの作品を演奏
(2011/4/1)

末高明美/フランス音楽と俳句

仙川アヴェニューホール、ファツィオリ・ピアノで収録
ドビュッシー|@月の光 A子供の領分
ラベル|Bソナチネ
三上直子|C三つのフォリオー松尾芭蕉・小林一茶・与謝蕪村の俳句による
三上直子|Dフォリオーヴァンロンプイの俳句による
ギャヌー|E野尻湖ー小林一茶とマブソンの俳句による7つのピアノのための組曲
末高明美(ピアノ), 日仏俳句朗読C-E:村岡恵理、マルク・ジヌー
ドビュッシーが19世紀後半に出会った浮世絵等の日本文化が、時を経て、今多くのフランス人の生活に根付き、禅や俳句などが一大ブームとなっています。
このアルバムは、フランスにおける「クール・ジャパン」の過去と現在を、一台のピアノで表現する試みです。
    ディスクの形態 品番 定価(税込)
CD MF23702
2,600円
チェロ界の超大型新人
(2011/12/10)

宮田 大/FIRST

12月20日、題名のない音楽会に出演!
1月には小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団と共演予定!
ポッパー|ハンガリア狂詩曲
ドビュッシー|チェロ・ソナタ
R.シュトラウス|チェロ・ソナタ ヘ長調 作品6
ラフマニノフ|ヴォカリーズ
リムスキー=コルサコフ|くまんばちの飛行)

宮田 大(チェロ), 柳谷良輔(ピアノ)
チェロ界期待の超大型新人宮田 大の初アルバム「宮田 大/FIRST」がリリースされます。宮田 大は、若干25歳の将来を嘱望されるチェリストで、一昨年、チェロ部門の国際音楽コンクールの最高峰と言われるパリ市主催の第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで優勝し、世界からも注目される存在に一気に駆け上がりました。
    ディスクの形態 品番 定価(税込)
CD MF25501
2,800円
「小澤征爾が見守ってきた若きチェリスト
   宮田大のドキュメント作品放映決定!
(2012/2/1)

弊社から1stアルバムを発売した宮田大の2時間作品が放送されますのでお知らせいたします。

このドキュメンタリは、小澤征爾がここ数年期待をこめて見守ってきた若きチェロリスト、宮田大を4年にわたり丁寧に取材しています。弱冠25歳の宮田大の奏でるチェロは、小澤征爾の恩師、斎藤秀雄先生の遺品です。
その小澤征爾はご存知のとおり昨年末より病より復帰、今年1月、2人は念願の競演を果たします。
小沢征爾が若きチェロリストに、いかに音楽のいのちを全身全霊で伝えていくのか?

制作はドキュメンタリ作品制作の最大手、テレビマンユニオンが担当しています。誠実で丁寧な取材で定評のある制作会社です。とても楽しみです。
よければご覧くださいませ。


放送はおわりました。放送内容はこちらをご覧下さい
http://www.tvu.co.jp/program/20120310_miyatadai/

宮田 大のコンサート情報及び公式サイトはこちらからご覧ください.
http://www.daimiyata.com/

新3タイトルガラスCDにて発売
(2011/12/1)

   

当社より発売されている「ホルスト:惑星/東京交響楽団(秋山和慶指揮)」
「In Memory of Hideo Saito /長岡京室内アンサンブル」「アーレントオルガン at カザルス・ホール/水野均」(収録内容は当社発売のものを一部改変)を、このたびセーラー株式会社様より12/1にガラスCDとして発売することになりました。

詳しくは、セーラーショップをご覧下さい。